【売れるWEBページを作るコツ7】

From:エーライティング

あなたの会社(お店)はWEBサイト(ホームページ)がありますか?

僕は、宣伝広告の仕事を長くやってきた中で、少しセールスコピーを変えたり、画像を変更しただけで、成約率が2倍とか、3倍になる、ということがありました。

なので、今日は売上を上げるWEBページにするためのコツを7つ、ご紹介しますね。

1.ヘッドライン

タイトルのことです。

そのページに来た人が最初に目にするものの1つなので、変化させたときのインパクトは結構デカイです。うまくいくときは売上が2倍とかになりますが、逆に失敗すると「ぜんぜん売れへん!」みたいなことにもなります

それにやることはヘッドラインのテキストを変えるだけなので、かなりオススメです。ここからやりたいところですね。

2.広告とページのマッチ

ネットでアクセスを集める方法はたくさんあります。その中ですぐにアクセスを集められるのが広告です。

そして、広告でアクセスを集める場合、ユーザーの動きは、バナー広告やテキスト広告をクリックして、WEBサイトに来る流れになります。

なので、バナー広告やテキスト広告で言っていることや雰囲気が微妙にずれていたりすると、成約率に直接影響が出ます。

なので、ヒットしているバナー広告やテキスト広告が見つかれば、それに合わせたヘッドラインなどにしていくと、成約率が上がる確率はかなり高いですね。

3.お客様の声

これも強烈。

というよりもないとマズイという感じですね。

もちろん、ジャンルにもよるところはありますが、基本、ほぼすべてのジャンルで効果的でしょう。

食べログとかも基本、お客様の声(レビュー)だけでできているサイトですし、かなりシンプルなAmazonにもレビューはあります(あなたもレビューを見ますよね)。

それに、ページに人が出てきた方が温かみのあるページになるので、そういう意味でもいいですね。

4.ゴールは1つ

売るためのページのゴールは1つ。買ってもらうこと。

そのページに来た人は、そのページを閉じるか、商品を買うか。そのどちらかしかない。そんなページにするのが基本です。そのページに来た人がどういう行動をとればいいのか迷ってしまうと、買わない確率が高くなりますので。

5.購入ボタン

CTA(Call To Action)

要するに購入ボタンのこと。

購入ボタンで一番マズイのは、どこにあるかよくわからない、というケース。

実際、購入ボタンをデカくして、目立つようにするだけで売上が上がるというのよくある話。

あと、購入のボタンの上にあるテキストも結構、売上に影響しますね。

6.デザイン

デザインよりもセールスコピー。

という意見もありますが、、、デザインもめちゃ大事です。

単純にキレイでカッコイイページにするというのはよくありません。そのページで伝えたいことがしっかり伝えるデザインとか、広告と印象をマッチさせるとか、そういうデザインがいいですね。

7.やり続ける

ページをずっと広告に出しているとだんだん売れなくなってきます。

ですが、前にやったテスト結果が溜まっていれば新しいページにも活かせるのは間違いありません。なので、こういう地道な改善を続ければ続けるほど、あなたの会社には知識が蓄積されていくことになります。

これが、売れるWEBページを作る7つのコツです。

もしよろしければ、試してみてくださいね(^_^)/

-A-Writing エーライティング

↓  どうすればお客は行動を起こすのか?という消費者の行動心理が書かれた本はコチラ

スモールビジネスサポート

時間がない、予算がない、知識がない

そんな御社でも大丈夫!

費用対効果ある安心サポート

店舗集客、売上アップ、広告、チラシ、ダイレクトメール、名刺のご相談は、三重県四日市市水沢町のマーケティングコンサルタント、エーライティングまで

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です