失われた顧客に再び戻ってきてもらうためには

彼らを無視してはならない

『ビックリするほどよく売れるぶっとび広告集』ビル・クレイザー

どんなビジネスにも失われた顧客はいるものですが、彼らを無視してはいけません。実際、彼らは、①積極的な顧客、②リファーラル(紹介・推薦)に続いて、売るのが3番目に容易な顧客なのだから。

繰り返しいいますが、失われた顧客とは、過去にあなたから購入した経験がありながら、期待していた期間内に再びあなたの店に戻って来なかった顧客のことです。

では、どうすればいいでしょうか?

まず、顧客リストが整理され、最新の状態にあることを確認します。それから、彼らが失われた顧客であり、再び会えなくてあなたが寂しがっていることを伝えます。

あなたを思い出すのは顧客の仕事ではありません。あなたが提供した製品やサービスを思い出させるのは、あなたの仕事なのです。

次に、失われた顧客を連続キャンペーンの対象にする、なぜなら、そうした顧客に戻ってきてもらうには、ちょっと手間がかかるからです。

失われた顧客の関心をもう一度引くために、私が自分の紳士服店で活用した4ステップの連続キャンペーンでは、失われた顧客の13%を取り戻すことができました。13%と聞いてあなたが感心しているかどうかは分かりませんが。。。これはとても良い数字です。なぜなら、13%は毎年“消えていた”数十万もの収益に相当して、キャンペーンをしなければ、おそらく永遠に失ってしまっていた何百人もの顧客が戻ってきたことになるからです。

ご無沙汰客へDMやLPを送ろう

この話を聞いて、あなたどう思われましたか?

もし、あなたにご無沙汰客がいたら、そのリストに郵便DMを送ってセールスをすると反応があるかもしれません。郵便DMでなくても、メールアドレスやLINE情報があれば、LP(ランディングページ)を送るのもいいですね。LPならDMのように印刷代や郵送が不要ですから(^ ^)

今回ご紹介した書籍はこちら
↓ ↓  ↓
ビックリするほどよく売れるぶっとび広告集

 

Follow me!

診断LP
メルマガ講座
一言アピール講座
PAGE TOP
PAGE TOP