ビジネスを救うのは「〇〇」だ!

From:エーライティング

あなたのビジネスは何系?

「車を1台でも多く売れ」

「前年よりも多く売れ」

「目標よりも多く売れ」

これは、僕が会社員時代に毎日毎日、聞いていた言葉です。
営業マンに「激」をとばすことが会社の販売スタイルでした。
戦略戦術はありましたが、「激」がメインでした。

せっかく本部で広告宣伝の仕事をしているのに、
広告宣伝は当てされず、
本部の仕事は「現場の営業マンに激をとばす」こと。

僕はそれがとても苦手でした。
体育会系の「気合」で何とかするビジネス。

マーケティング

「目標は明確か?」
「売れない問題課題は何か?」
「問題課題の改善に取り組んでいるか?」
「改善結果を検証しているか?」

PDCAサイクルを元に科学的にビジネスをする必要を感じていました。
自己満足の広告宣伝よりも、効果的な広告宣伝を作る必要を感じていました。
マーケティングの必要性を感じていたのです。

主導権をもって仕事をやれる立場になった時、ここぞとマーケティングをやらせていただきました。
失敗も多くありました。
でも「激」なしで、めちゃ売れるようになりました。
会社の命令通りに、毎年前年越えで、目標必達できました。

売れないときもありました。
でも、良いことも、悪いことも、数字で明確にしているので、治療方法が分かるのです。
だから、不安よりも希望がありました。

頭痛の原因は、風邪か、肩こりか、その他なのか。
問題を発見して、適切に治療して、治す。
頭痛の原因が肩こりなのに、風邪薬のんでも治りませんからね。
マーケティングは、まるで優れた医者のようです。

僕は、会社で25年以上、広告宣伝を経験させていただき確信をつかみました。
毎日、ビジネスの健康チェックをして、
ビジネスの問題課題を発見して、
ビジネスを適切に改善していく。

ビジネスを救うのはマーケティングだ。

Follow me!

あなたのビジネスサポート

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
PAGE TOP