「長い広告は読まれない」は広告における最大の誤解

多くの情報を必要とする人に合わせる

クロージングの心理技術21 ドルー・エリック・ホイットマン より

世の中には情報を多く必要とする人もいれば、それほど多くは必要としない人もいる。そのとき、短い広告ばかりでは、多くの情報を必要とする人々には出会えないだろう。一方、長い広告を書けば、多くの情報を必要とする人々が、あなたが全力で取り組んだ売り込みに触れることができる。その広告の出来がよければ、最終的にあなたのポケットにお金が入ることになる。

「でも情報が少しでいい人たちは、退屈したりイライラしたりして別のページやサイトに行ってしまうんじゃないの?」

そういう人々は、途中のどこかのポイントで納得する。もう買うつもりでいる人なら、こんなことは言わないだろう。「もう!買うつもりでいるのにまだ読まなけりゃいけないのか。わかった。もう要らない。忘れよう!」こういったことはあり得ない。

こういう人々はいつでも読むのをやめ、車に乗ってあなたの店に行くか、電話を取り上げるか、ウェブサイトを訪れるか、「購入する」ボタンをクリックするか、あるいはあなたが設定した手順に従って契約を完了させるかするだろう。

正確な答え

「長いコピーがいいのか、短いコピーがいいのか」

よくある疑問ですが、多くの人は、「長いコピーがいい」と思っているようです。ですが、これは間違いです。では、「短い方がいい」のかと言えば、それも間違いです。僕どちらがいいとは言えないのが答えです。

より正確な答えは、ダイレクト出版の寺本氏がいうそのセールスコピーが目的を達成するのに必要な情報を必要かつ十分に含んだ状態で最も短い長さがいい」ということです。

自社の広告をもっと売れる広告にされた方はぜひ読んでみてください。
クリック
👇

クロージングの心理技術21

 

Follow me!

売れるLPを作る方法

 
 

 

セールスデザイン講座
セールスデザイン講座 for Buppan
PAGE TOP
PAGE TOP