広告の目的は〇〇させること。

広告はジャーナリズムではない。

広告宣伝の仕事をしてきて、思うことあります。
ちょっと固いお話になるけれど・・・

広告は、ジャーナリズムではありません。
ニュースを伝えるものでもありません。
大衆に情報を伝えて楽しんでもらうのが、ジャーナリズムでありニュース。

一方で広告は?
ただ読んでもらうだけでは十分ではありません。
楽しんでもらうためでもありません。
広告を見てもらった人達に、今すぐ行動して商品やサービスを注文してもらう必要があります。

そうでなければ、
広告を出した企業は、広告費が無駄になってしまいます。
広告費をかけた以上に、商品やサービスが売れないと、企業は潰れてしまいます。

現代広告のお粗末さ

なぜ、そんな事を言い出すのか?
広告宣伝の仕事をしてきて、思うこととは・・・
「お粗末な広告が多いこと」です。

クルマ屋さんなら、クルマを1台でも売りたくて広告を出すのに、
広告代理店は、そんなこと考えていません。
広告効果の結果は関係なく、広告費を手にすることができるからです。
広告代理店に叱られるかもしれませんが、僕が会社員時代に経験してきた本当のお話です。

キレイな広告。
自己満足の広告。
とりあえずの広告。
広告効果の結果は、あまり気にしない。
結局、売れる売れないは現場の営業マンしだい。
こんなところでした。

このままではいけない

広告は、きちんと制作すれば、きちんと効果を得ることができます。
キレイに作って褒められる為ではなく、自己満足でもなく、とりあえず作るのでもなく。
広告を出す目的はただ一つ。
お金儲けのためだけだ。

こういうと、「なんだ金、金、金って汚いヤツだ」と思わるかもですが・・・

企業は、儲けてこそ、自分は生活できて、社員に給料をだせて、お客さんに良い商品を供給できます。
お客さんは、良い商品やサービスを手にいれてこそ、人生の質をあげることができます。
お金の流れは、社会を豊かにする血流のようなもの。

そして、広告の目的は「人に行動させること」。

広告宣伝に携わる僕は、企業とお客さんの架け橋となる、反応率の高い広告を作っていきたいと思う。

Follow me!

あなたのビジネスサポート

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
PAGE TOP