顧客離れはなぜ起きるのか?

売ったら終わり

顧客が離れる具体的な理由はいくつもあるが、大きく見れば1つの事実に行き着く。

顧客が離れていくのは、売ったら終わりという企業の姿勢に幻滅するからである。

『100日ファン化計画』ジョーイ・コールマン より

ジョーイ・コールマンが言うように、顧客が離れていくのは「売ったら終わり」のようなアフターフォローがないことが大きな原因です。

そのため、売った後のアフターフォローがめちゃ大事なわけですが、多くの企業は、アフターフォローより、新規客だけを追い求める傾向があります。

そうすると、顧客離れだけでなく2つの問題が出てきます。それは・・・

問題1:しんどい

新規客を獲得するのは、ビジネスの生命線として大事です。

ですが、新規客だけを追い求めるビジネスは、穴の空いたバケツに水を入れ続けるようなもの

つまり、めちゃしんどいビジネスになります。

来週も、来月も、新しいお客さん、新しいお客さん・・・

しょっちゅう、新規を取り続けるなんて現実的ではありませんし、考えるだけでも頭がイタくなります。

新規を安定して獲得する方法は、セールスファネルを作れば可能ですが、今回は横に置いときます。

問題2:お金がかかる

2つめの問題は、新規客を獲得するために「集客」に、めちゃお金がかかります。

現代経営学の権威であるピーター・ドラッガーは「新規客の獲得は既存客の5倍の費用がかかる」と言いました。

例えば、広告を出してお金がかかる。ウェブ広告、新聞広告、雑誌広告、チラシ配布、DM、CM・・・

他にも、集客を代わりしてくれる媒体に頼る。ポータルサイトに掲載、テナントに入る・・・

このように新規客を獲得するために、集客費用がたくさんいるわけです。

既存客を大切に

そのため、商品やサービスを売ったら既存客をアフターフォローして、リピート購入してもらうことが大切になります。

リピート購入が難しい商品は、周辺商品を購入してもらいます。

アフターフォローは、直接会ってコミュニケーションをとるのが一番ですが、時間には限りがありますよね。

大企業ならとともかく、僕たち個人事業主や中小企業は、時間も費用も労力も余裕がありません。

そこで、今回は費用と労力を最小限にするための方法をご紹介します。

アフターフォローは、既存客のメールアドレスやLINE情報を集めて、メールやLINEのフォローがおすすめです。

そんなの聞いたことあるよーと声が聞こえてきそうですが、実際、継続してやっている人は少ないです。

また、メールやLINEではアフターフォローにならんでしょ!という声も聞こえてきそうですが、「ザイオンス効果」と言って、人は接触頻度が多い人ほど好感を持つと言われます。

なので、時間をとって濃い時間を作るよりも、メールやLINEで少しずつ接触することで信頼関係を築くことができます。 

そして、メールやLINEだと、送信量無料でボタン1つで全リストに送れるので、時間も費用も労力も最小限に済みますよね。

PS.
アフターフォローに最適な方法があります。
顧客離れを防いで、売上を安定させたい方は今すぐ見てください!
↓ ↓ ↓

https://a-writing.com/EmailNewsletter/

PPS.
メールアドレスやLINEのリストがない場合、住所がわかればDMを送ってアフターフォローをします。
ですが、DMは印刷代や郵送代がかかるので、なるべくメールアドレスやLINEのリストを集めたいですね。

Follow me!

診断LP
メルマガ講座
一言アピール講座
PAGE TOP
PAGE TOP