理想の顧客の見つけ方

3つの質問

3つの簡単な質問によって、理想の顧客を見つけることができる。

質問その1

あなたのターゲットは顧客は誰か?

質問その2

ターゲット顧客はどこに集まっているか?

質問その3

どうすれば顧客はコミュニテから離れ、あなたのファネルに入るか?

起業家としてのあなたの役割は、理想の顧客が誰で、どこにいるかを突き止めただけでは終わらない。

見込客の注意を引き、クリックさせて、あなたのウェブサイトに誘導しなければいけない。

『DotComSecrets』ラッセル・ブランソン より

まず最初にやるべきこと

もし、あなたが「仕事が少ない」「新しいお客さんを獲れない」「売上が少ない」と悩んでいたら・・・

集客する前に、セールスをする前に、まず最初にやるべきことは何か?

それは、先の3つの質問を自分に問いかけて、書き出すことをおすすめします。

焦って集客しても、広告費用・時間・労力を無駄にしてしまいます。

「急がば回れ」と言われるように、ここは落ち着いて、3つの質問の回答を紙に書き出してみましょー!

質問1:あなたのターゲットは誰か?

ターゲットを決めましょう!ペルソナを決めましょう!とよく聞くと思いますが、ここをいい加減にしていると、後々ほんと苦労します。

あなたが欲しい理想的なお客さんはどんな人でしょうか?

逆にお客さんにしたくない人はどんな人でしょうか?

ここを素直に書き出すことによって、集客メッセージが大きく変わってきます。

ターゲットを絞れきれません・・・という人がたまにいるんですが、そんな時は3つくらいに絞って、それぞれに応じた集客メッセージを作ると良いですね。

やっていけないことは、ターゲットが違うのに集客メッセージを兼用してしまうことです。

兼用するとフワッとしたメッセージになって、欲しいお客さんのハートを射止めることができませんのでご注意を。

質問2:ターゲット顧客はどこにいるか?

ターゲットが決まったら、そのターゲットがいる場所に向けて集客メッセージを送ります。

例えば、広告媒体を使い分けます。

高齢者向けの商品やサービスを売っている人が、Instagramでメッセージを送っても誰も見てくれませんよね。

(高齢者を介護している若い方をターゲットにすればInstagramでも良いかもしれませんね)

例えば、あなたが補聴器を売っているとしたら、新聞広告や新聞折込など、高齢者が普段見ている媒体が良いでしょう。

これって凄く当たり前に聞こえますが、いざ自分のビジネスで適切な媒体を使っているか?となるとズレている人います。

なので、あらためてチェックしてみてくださいね。

質問3:どうすれば顧客はコミュニテから離れ、あなたのファネルに入るか?

理想の見込客が“誰”で、”どこに”いるか突き止めただけでは、仕事は終わりでありません。

質問3は、あなたのメッセージに対して、顧客に反応してもらう必要があります。

あなたが欲しい顧客は、メールをチェックしていたり、InstagramやFacebookで知人の投稿を見ていたり、Yahoo!ニュースを見ていたりします。

他にも、仕事帰りで電車やバスに乗っていたり、家事の合間で休憩していたり、ボーッとスマホを見ていたりします。

あなたは、そんな状態の人の気を引いて、集客メッセージを見てもらおうとしています。

想像できますよね。自分の集客メッセージを見てもらうのは、めちゃ大変だ・・・と。

なので、見込客が今していることをやめて、あなたの集客メッセージを見てもらうには、「特別なもの」が必要ということです。

その「特別なもの」は何かというと・・・目を引く広告バナーや反応率の高いLPです。

あなたは目を引くバナーや反応率の高いLPを使っていますか?

PS.

目を引くバナーや反応率の高いLPを作る前に自己紹介文(自社紹介文)を作ると良いですよ!

自己紹介文を1回作っておけば、Webサイト、LP、名刺、SNSなどに載せておくだけで、お客さんを獲得できます!

今すぐ見て!
↓ ↓ ↓
https://a-writing.com/appeal/

Follow me!

診断LP
メルマガ講座
一言アピール講座
PAGE TOP
PAGE TOP