来月も売上に困らない仕組みづくり

ビジネスはギャンブルじゃない

今日お話しする内容は、個人事業主や、中小企業の経営者に読んでもらいたい内容です。(いつもそうなんだけど特に)

経営者じゃなくても、宣伝担当者にも役に立つかと思います。

それなりに売上が上がっていると、

それなりに仕事がまわって、

それなりに生活ができるので、

普段あまり気にしない危険なこと。

それは「売上を上げる仕組みづくり」が無いことです。

ビジネスはギャンブルではないので、なんとなく上手くいっているのは危険です。

売上を上げる仕組みがあれば、仕事を進める上でかなりストレスが減ると思います。

例えば、売上を上げる仕組みがあれば、

  • 来月どれだけ売上があがるか予想がつく
  • 売上をもっと上げるためにコントロールができる
  • 逆に忙しいから仕事をセーブするコントロールもできる
  • 現状の問題点がわかるので解決方法もわかる

などです。

では、売上を上げる仕組みづくりのフレームワークを5つご紹介します。

1.自己アピールはできているか?

仕事がほしい、商品が売れてほしい、もっと来店を増やしたい。

こう思っているだけでは、お客さんには伝わりません。

だから、SNSやったり、ホームページを作ったり、チラシを配ったり、他にもいろいろな手段で「宣伝」しますよね。

だ・け・ど・・・

他の人は上手くいっているけど、自分は思うようにいかない。なんて思うことありませんか?

インスタも、Xも、Facebookもコツコツ投稿してるんやけどなぁ・・・はぁ〜

もし、少しでも心当たりがあれば、それは「自己アピールができていない」ことが原因かもしれません。

例えば、今夜はどの映画を見ようかとスマートフォンの画面をスクロールするとき、人は必ず映画の紹介文に目を通します。

「ログライン」と呼ばれる紹介文は、その映画を見てもらえるように内容を一言で説明したものです。

紹介文が悪ければ、その映画の内容がどんなに良くても見てもらえません。

それと一緒で、あなた自身やビジネスの一言紹介文が「弱い」と数ある競合の中からあなたを選んでもらません。

そのため、仕組みづくりの第一歩は「効果的な自己アピール」を作ることです。

効果的な自己アピールを作りたい方はこちら

2つ目は次回ご紹介します

売上を上げる仕組みづくりは5ステップあります。

2つ目をご紹介しようと思ったのですが、あっ!長くなる・・・と気づいたので次回にします。

もし、売上を上げる仕組みづくりが気になった方は、次回以降もご覧いただければ幸いです。

 

Follow me!

診断LP
メルマガ講座
一言アピール講座
PAGE TOP
PAGE TOP