大切なのは見込み客の連絡先情報を得ること

メールアドレスの収集

『バリュー・ドリブン戦略 ビジネスを飛躍させる60日レッスン』ドナルド・ミラー より

ウェブサイトの構築を得意とする人は多い。しかし、マーケティングキャンペーンをそこで止めてしまうのは問題です。見込み客にメールを送信するのもキャンペーンの一環です。もし、見込み客のメールアドレスを収集していないなら、今すぐやるべきです。

とはいえ、強引で露骨な印象を与えずに収集するには、どうすればよいでしょうか?大切なのは、具体的な商品やサービスの無料お試しを提供するのと引き換えに、メールアドレスを始めとする見込み客の連絡先情報を得ることです。

近頃の見込み客は心理的に、自分のメールアドレスには1,000円〜2,000円の価値があると感じています。つまり、実際に1,000円〜2,000円を払って手に入れる価値があるものだけに、自分のメールアドレスを差し出すのです。逆に言えば、相手からメールアドレスを差し出してもらうには、その人が本当に欲しいもの、あるいは必要なものを提供しなければならないということ。

しかし幸いなことに、あなたは何かしらのエキスパート。その専門知識のなかから、他の誰かが価値を見いだせる情報を提供できるに違いありません。

例えば、あなたが歯科医なら、こどおを歯磨き好きにする方法を知っているかもしれない。親はそういう情報をぜひ知りたいと思うでしょう。あるいはペットショップの経営者なら、飼い犬の飛びつき癖をやめさせる方法を知っているはず。飼い主はそういう情報に価値を見出すでしょう。

見込み客リストは財産

むやみに商品を売ろうとしても、効率が悪いだけ。時間と経費を浪費するだけでしょう。新規客を獲得するには、まず見込み客リストを獲得することです。見込み客はその名の通り、商品を買う見込みのあるお客さんのこと。見込みのあるお客さん(正しくはまだお客さんでない)に向けて、セールスをすれば、当然、効率は良いです。

では、どうやって見込み客を獲得するかというと、ドナルド・ミラーが言うように「相手からメールアドレスを差し出してもらうには、その人が本当に欲しいもの、あるいは必要なものを提供しなければならない」ですね。

詳しくは、実際に『バリュー・ドリブン戦略 ビジネスを飛躍させる60日レッスン』を購入して読んでみてください。あなたは、きっと、見込み客を獲得できるようになり、新規客を増やして売上を上げれるようになりなすよ!

書籍紹介

 

Follow me!

診断LP
メルマガ講座
一言アピール講座
PAGE TOP
PAGE TOP