ネガティブ情報はパーセンテージ表示する

現実味を感じるかどうか

『脳科学マーケティング100の心理技術』ロジャー・ドゥーリー より

「罹患した人1万人中1,286人が死亡する」ガンのほうが「死亡率12.86%」のガンよりも危険性を32%も高く感じるという結果が出ている。この違いは、人数で示したほうが人としての現実味を感じさせることからくる。「2%の確率で不運に見舞われる」と聞くと低く感じられるが、「100人中2人が被害に遭う」と聞くと、脳は実在する2人の人がケガをすることを想像してしまうのだ。

表現を変えるだけ

同じ内容と伝えるとき「消費者にどう思われたいか」を考慮して表現を変えるだけ。こんな簡単なことで結果を変えられるなら使わない手はないですよね。

他にもたくさん使えるネタが満載。ぜひチェックしてみてください。
↓  ↓  ↓
脳科学マーケティング100の心理技術

Follow me!

売れるLPを作る方法

 
 

 

セールスデザイン講座
セールスデザイン講座 for Buppan
PAGE TOP
PAGE TOP