【広告は廃れつつある】

広告主と消費者

最初に。
メルマガと写真が合わないじゃん。
と思うかもですが、それは最後にご説明を

僕は、広告宣伝のデザインを仕事していますが、
この仕事、どうやら今までと同じ思考では通用しないようです。
まぁ元々、広告宣伝の世界は変化の連続ですが。

アメリカ、イギリス、オーストラリアで実施された
消費者調査結果によると・・・

①企業側は、過剰なマーケティングメッセージは、
13%ほどであると考えているのに対して、
消費者側は、企業から受け取るメッセージの
85%はスパムと感じている

②企業側が、マーケティングメッセージの81%は、
適切で有効だと考えているのとは対照的に、
消費者の84%が、起業からのメッセージは
まったく役に立たないと答えている!

つまり、広告主と消費者の間には、
衝撃的なずれがでてきたのです。

消費者が主導権を握った

Facebook、Instagram、LINE、Google広告、ヤフー広告・・・
ネット広告が急成長していますが、
消費者の多くは嫌がっているのですね。

広告主としては便利な時代になりました。
AIで消費者の検索動向に応じた広告を出せるのですから。

AIによって消費者にぴったりの広告を
タイミングよく見せることができるのです。

でも冒頭でご案内したように、
そのほとんどは嫌がられて無視されています。
簡単に広告を見せれる反面、
簡単にスルーされている
のです。

ここに気づいていない企業は、
広告費をじゃんじゃん捨てていることになります。

こうなると、
広告の主導権は消費者が握ったのと同じ。

これからは人間中心

企業はどうするべきか。
僕のように広告宣伝業はどうすれば?
マーク・W・シェイファーはこのように言っています。

これからは、
『ヒューマン・マーケティング』だと。
つまり、人間中心のマーケティングをやろうというわけです。

①顧客が嫌がることをやめよう。
②顧客に思いやりをもとう。
③顧客は企業の所有物ではない。
④妨害や邪魔をしてはならない。
⑤全ての行動において信頼を得る。
⑥自分たちにファンのファンになる。
⑦不信感は徹底的な誠実さで乗り切る。
⑧顧客のコミュニティの一員になる。
⑨マーケティングは顧客の「なぜ」を語ろう。
⑩最も人間らしい企業が勝つ

こんなことを言っていますが、
ほとんど当たり前の事を言っていますよね。
人として当たり前のことを理解して
当たり前のごとく行動していく。

これが、これからの時代、
企業が生き乗る姿勢なのじゃないでしょうか?
僕はそのように捉えました。

特に⑩最も人間らしい企業が勝つ
ここかな。

表現がおおざっぱですが、
汚い大人の世界に染まらずに、
純粋な子供のような心で
クライアント、エンドユーザーのために
広告宣伝の制作をやっていこうと思います。

PS.
画像の件、純粋な子供のように・・・
そんな意味を込めて、
息子が大好きなキャラクターを載せました。

スモールビジネスサポート

時間がない、予算がない、知識がない
そんな御社でも大丈夫!
費用対効果ある安心サポート

チラシ、DM、広告、店舗集客、売上アップ、名刺のご相談は、三重県四日市市水沢野田町のレスポンス広告デザイン事務所、エーライティングまで

相談料は無料です(#^.^#)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です