【広告で大切なもの】

From:エーライティング

クリントン大統領

昔、アメリカの大統領選で、クリントン陣営が「だから経済なんだよ!バカ!」という張り紙をしていたそうです。

大統領選では国民に伝えたいことが、たくさんあります。

差別の問題、銃社会、中東の問題、移民の問題、外交の問題・・・・・。

でも、たくさんの事をいっぺんに伝えても、国民のみなは混乱してしまいます。

それに、国民の大半は、外交とか中東の問題なんて興味がありません。

みなが興味あるのは「明日、自分の生活はどうなるの?豊かになるの?」ということ。

だから、クリントン陣営は、選挙運動でいろいろ伝え過ぎてめちゃめちゃになっていた時に、「だから経済なんだよ!バカ!」って張り紙を貼ったとのことです。

マーケティングも同じ

これは、マーケティングにおいても同じことが言えます

広告を作るとき、商品が少しでも売れるために、めちゃめちゃエネルギーを使います。

社長は商品やサービスのことを伝えたいですよね。

広告作成者は、ターゲットは?リサーチは?ヘッドラインは?ストーリーは?テーマは?ビッグアイデアは?クロージングは?・・・・・どうする?だらけになります。

そして、あらゆるテーマを決めるのに疲れ果てて、一番大切な「オファー」を適当にしてしまう時があります。

でも、「オファー」を適当にしてしまうと悲惨な結果になります。

広告を作るときは、売り手の頭の中ではなく、見込み客の頭の中を優先しなければなりません。

そして、見込み客が一番興味あるのは「オファー」なんです。

オファーの良し悪しで、購買決定が決まってきます

広告デザインをてがける自分がいうのもなんですが、デザインは優先順位的に低いです。

だからオファーなんだよ!バカ!

マーケティングの世界的権威であるダン・ケネディが「だからオファーなんだよ!バカ!」って刺激的な名言があります。

それぐらい、広告をつくるときに大切なことだけど忘れがちだということです。

では、オファーってなんでしょうか?オファーと取引条件のことで、

①受け取る商品

②価格

③支払い方法

④保証

⑤特典

などです。

値引きはとても強いオファーですが、そればっかりやってしまうとビジネスの消耗戦に入ってしますので、あまりお勧めはできません。

来客はあるけど・・・商談はあるけど・・・アクセスはあるけど・・・契約に至らない。

と言うときは、オファーについて今一度、考えてみると売上が変わるかもしれません(^_^)/

-A-Writing エーライティング

↓  うまくいく広告の秘訣。それは…が書いてある本はコチラ

スモールビジネスサポート

時間がない、予算がない、知識がない

そんな御社でも大丈夫!

費用対効果ある安心サポート

店舗集客、売上アップ、売れる広告、売れるネット広告、売れるバナー画像、売れるチラシ、売れる3つ折りチラシ、売れるダイレクトメール、名刺のご相談は、三重県四日市市水沢町のマーケティングコンサルタント、エーライティングまで

相談料は無料です(#^.^#)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です