【完璧主義の罠】

From:エーライティング

成功できない人

こんなお話を聞きました。

成功できない人とは・・・。

成功できない人は、新しい知識を得てから行動に移すまでのステップがやたらと長い。

友達の意見を聞いてみたり、他の人がどう言っているかを聞いたり。

いろいろな情報がないと行動ができない。

そうこうしている間に他の知識が入ってくる。

となると他にもやらなきゃいけない事が増えてくる。

そうやって時間だけが過ぎていく人。

成功する人

一方で、成功する人は、十分な情報がなくても、自分が「いい」と思ったことはスグに実行する。

そして、失敗したり、壁にぶつかったりしながら、新しいことを実践に移す。

実際、やってみると分かりますが、人ってやらないと理解できないゾーンがありますよね。

見たり聞いたりしただけでは、理解できない部分。

ある特定のゾーンは経験からしか学べないと思います。

そして、この経験から学べるゾーンこそが、成功できる人とできない人を分ける部分かと。

たとえば、スポーツの世界。

僕は小学生のころ、いじめにあったので、少林寺拳法を習いました。

子供ながら、強くなりたい一心で必死に励みました。

寒い冬も裸足で道着1枚、暑い夏も窓を開けただけの道場で、休まず練習しました。

おかげで全国大会にも何度も出れるようになりました。

たとえば、この少林寺拳法を通信講座で学んだとしても、決して全国大会には出れなかったでしょう。

完璧主義の罠

教わったこと、新しく得た知識を「きちんとやろう」という気持ちは“罠”です。

「きちんとやろう」という気持ちは、いい心構えにみえますが、実は逆だと僕は思います。

なぜなら、「完璧」という状態は“ない”からです。

どんな商品も、どんなサービスも、どんなマーケティングも、完璧という状態はないです。

世界中で使われているマイクロソフトだって、完璧じゃないから、アップデートが繰り返されます。

世界のトヨタだって改善、改善、改善の繰り返しです。

世界的な企業であるマイクロソフトやトヨタができないのに、なぜ自分がやろうとすると、完璧じゃないと行動できないのでしょうか?

へたくそでもいい。

ビジネスを加速させるのは“今でしょ”(^_^)/

大胆に行動せよ。それが力を生む。

エマーソン

ーA-Writing エーライティング

↓ アメリカでは20年以上売れ続けているベストセラー。これまで2回のバージョンアップがかかり、今回でバージョン3。Amazonのレビューでは、星5つのうち4.7点を獲得している名著はコチラ

今すぐ本をクリック ↓ ↓ ↓

スモールビジネスサポート

時間がない、予算がない、知識がない

そんな御社でも大丈夫!

費用対効果ある安心サポート

店舗集客、売上アップ、売れる広告、売れるネット広告、売れるバナー画像、売れるチラシ、売れる3つ折りチラシ、売れるダイレクトメール、名刺のご相談は、三重県四日市市水沢町のマーケティングコンサルタント、エーライティングまで

相談料は無料です(#^.^#)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です