【リスクの少ない集客手法】

From:エーライティング

科学的なアプローチ

僕が集客のお手伝いをする際は、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を元に仕組を組み立てます。

なぜなら、DRMはリスクの少ない集客手法だからです。

リスクが少ないので、スモールビジネスには最適の集客方法です。

では、なぜリスクが少ないのか?

それは、テストを繰り返すことで、レスポンス(顧客反応)を科学的に改善していけるからです。

再現性の高さを追求

繰り返しになりますが、DRMは科学的な手法です。

その要素の1つになっているのが、「再現性の高さ」です。

よく見かける、サンキューレターや、DM、折込チラシなども、ちょっと手を加えるだけで、美容室、飲食店、接骨院、治療院など、どの業種でも使えてしまいます

この再現性があるからこそ、結果を計測する数字がある程度予測できて、ビジネスの展望を科学的に見通すことができます

情報社会といわれる現代では、あらゆる情報がネットで検索できてしまいます。

勉強熱心な経営者さんほど、いろいろ調べてたくさんのアイデアを活用されていると思います。

でも、すべての情報を学ぶことはできません。

ましてや、現代では情報が多過ぎて、学んだこと全てを実行するなんて到底不可能ではないでしょうか。

そんな時に重要になってくるのが、

①効果のあるものと効果のないもの

②長期的に成果のでるものと、一時的なブームで終わるもの

③真似していいものと、真似してはいけないもの

を大量に情報の中から見極めることです。

そのためには、「長年にわたりあらゆる業界の移り変わりを見てきた人物、実際に最前線で成果を出し続けている人物に「情報のフィルタリング」をしてもらうこと」と言われています。

例えば、世界的なマーケターの権威、ダン・ケネディ。

すでに効果が実証されており、ダン・ケネディが推奨の施策であれば、DRMの再現性の高さによって、どの業界でも応用可能ということです。

もちろん、DRMでも、技量によって成果に差が出ることもあります。

そこで登場するのが、マーケティングコンサルタント。

あれこれ悩んだら、気軽にご相談ください(^_^)

ターゲットを絞ろう

DRMを活用する際によく言われるのが「ターゲットを絞る」です。

「そんなの分かっている」と言われる方もいらっしゃると思いますが、以外とできていないです。

DRMでは「商品」はあくまでも顧客獲得・顧客維持のツールです。

つまり、「商品」よりも「マーケット」、「何を売るか」よりも「誰に売るか」のほうがはるかに大切なんです。

たとえば、美容室業界でも世代によって欲求が違うと聞きます。

10代だとデザイン、20代だとパーマが多くて、40代50代になると髪質改善のニーズが高くなる、など。

となると、一律に集客していては、ニーズがバラバラの顧客が集まるだけになり、顧客単価を上げる作業がとても難しくなってしまいます。

それに、値下げ以外の特典をつけようと思っても、顧客層がバラバラだと何に反応してもらえるか分かりません。

これは美容室業界に限りません。

飲食店でも、接骨院でも、治療院でも、建築でも、あらゆる業界でターゲットを絞らずに、広告宣伝をされているのを見かけます。

そもそもターゲットを絞っていないメッセージは、「誰でもいいから買って」という印象を受けやすくなり、欲しいという気持ちも出にくくなります。

自分の商品やサービスのことではなく、本当に追い求めるべき「誰」について、もっと深く考えていきたいですね。

ーA-Writing エーライティング

↓  成功した経営者が決して口にしない不都合な真実が書かれた本はコチラ

スモールビジネスサポート

時間がない、予算がない、知識がない

そんな御社でも大丈夫!

費用対効果ある安心サポート

店舗集客、売上アップ、売れる広告、売れるネット広告、売れるバナー画像、売れるチラシ、売れる3つ折りチラシ、売れるダイレクトメール、名刺のご相談は、三重県四日市市水沢町のマーケティングコンサルタント、エーライティングまで

相談料は無料です(#^.^#)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です