【ベートーヴェン式マーケティング】

From:エーライティング

ベートーヴェン

ベートーヴェンといえば音楽家。

あまりクラシックを聴かない僕でも

さすがに第九は知っています。

「音楽家」なのに、

マーケティング目線で

すごく感銘した言葉があるんです。

それは・・・

ゲーテとベートーヴェン

ある日、

ベートーヴェンと友人ゲーテが

街を歩いたいた時の話。

向こうの方から大公家の方々と出くわしました。

近づいてこられるの気づいて、

ゲーテは道の脇へどいて帽子を取って腰をかがめた。

一方でベートーヴェンは、帽子をしっかりとかぶって、

フロックコートのボタンをはめて、

両腕を背中に組んで、

雑踏している人波の真中を進んで行った。

政治家でもあったゲーテは、

その辺りのところは心得ているので

大人の対応をしました。

誇り高い?対応をしたベートーヴェンは

社会的な権威など眼中になかったのです。

「思想もしくは力によって勝った人々を

私は英雄とは呼ばない。

私が英雄と呼ぶのは心に拠って偉大であった人々だけである」と。

ベートーヴェン

どちらが正解とはいいません(^-^;

だって実際の生活で

ベートーヴェンの真似をしていたら

社会人生活ができませんから(^-^;

でもマーケティング目線でいうと

僕が求める理想と合致するんです。

どこが!?

ですよね(^-^;

それは・・・

欲しい脳と付き合い脳

マーケティングで

見込客を集めるには

見込客の心の中を詮索します。

見込客が

悩んでいること、求めていることをまとめて

コピーを作って、

デザインして、

仕組化して

商品・サービスに繋げます。

一方で、

法人同士の忖度で、

または個人の付き合いで、

商品・サービスを売り買いする事もあります。

事実、結構ありますよね。

それだけで永続的に安定して儲かる

ビジネスができればいいのですが、

デメリットが多くて多くて・・・

たとえば

仕入値をたたかれるとか・・・

そんな経験はありません?

本質

でも、マーケティングは、

商品・サービスそのものの魅力を

知って欲しいと思ったお客さんなので、

売値は高額化しても売れます。

(高額というか正当な価格というか(^-^;)

マーケティングに

「社会的権威」は通用しません。

社会的権威があろうがなかろうが、

本当に「欲しい!」と思った人が顧客なので。

本質的な力しか通用しないマーケティング。

ビジネスは大変ですが、

ベートーヴェンのような哲学をもつビジネスって

素敵だと思いませんか?

-A-Writing エーライティング

スモールビジネスサポート

時間がない、予算がない、知識がない

そんな御社でも大丈夫!

費用対効果ある安心サポート

店舗集客、売上アップ、広告、ネット広告、バナー画像、チラシ、3つ折りチラシ、ダイレクトメール、名刺のご相談は、三重県四日市市水沢町のマーケティングコンサルタント、エーライティングまで

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です