【ブラピとマーケティング】

From:エーライティング

ブラット・ピット

ある休日、朝食をとりながら、

テレビをみていました。

映画の宣伝でブラット・ピットが

インタビューを受けていた内容に

マーケターとして感銘を受けました。

それは・・・

最悪のセールスマン

ブラット・ピットは、

インタビューで映画の見どころについて

質問を受けました。

すると「僕は最悪のセールスマンです」

答えました。

理由は、映画を売り込みたくないそうで、

「きっと日本の皆さんは、

この映画を観に来たくなります。」と

自身の映画論を語り始めました。

映画の宣伝のために来ているのに

自分は最悪のセールスマンだなんて。

経営者のあなたなら、

「ブラピ大丈夫か!?」ですよね。

でも、僕はとても感銘を受けたのです。

僕の黒歴史

僕もセールスが苦手です。

苦手というか嫌いです。

でも商売人は、売らないと

商売が成り立ちません。

会社が潰れます。

家族を養えません。

だから僕は

マーケティングの道を

選んだのだと思います。

「思います」とは、

そういう道を自然と選んできたからです。

セールスが苦手だけど、

売らなければいけない。

だから、売り込まなくても

売れるように宣伝広告が必要でした。

自分が売らなくても

宣伝広告が売ってくれる。

まったく都合のよい話ですが、

それがマーケティングです。

もちろん、最終段階である、

契約の際はセールスが必要です。

でも、マーケティングによって、

契約までの流れができあがっています。

セールスが苦手な僕にとって、

マーケティングは最高の手法でした。

苦手から逃げるように、

マーケティングのオタクに

なっていきました。

マーケターになった美談ではなく

僕の黒歴史です(^-^;

広告屋ではない

職人さんや、経営者さんが

最高の商品やサービスを作りって、

それをたくさん売りたいです。

一方で最高の商品やサービスを

求める消費者がいます。

それを見つけて買いたいです。

でも、放っておいても

この2者は繋がりません。

なぜなら、商品やサービスを売る

ライバルがたくさんいるからです。

商品やサービスの良さが

買う前には分からないからです。

そこを繋げるのがマーケターの役目。

マーケターは広告屋ではありません。

広告屋は広告を売るのが仕事です。

マーケターは商品やサービスを売るのが仕事です。

似て似つかぬ存在です。

商売で儲けるためには

ただの宣伝広告ではなく、

マーケティングが必須です。

あなたのビジネスパートナーに

マーケターはいますか?

-A-Writing エーライティング

スモールビジネスサポート

時間がない、予算がない、知識がない

そんな御社でも大丈夫!

費用対効果ある安心サポート

店舗集客、売上アップ、売れる広告、売れるネット広告、売れるバナー画像、売れるチラシ、売れる3つ折りチラシ、売れるダイレクトメール、名刺のご相談は、三重県四日市市水沢町のマーケティングコンサルタント、エーライティングまで

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です