【ウブントゥ】

マンペラ・ランペレ博士

ローマクラブで、初の女性、初のアフリカ出身の
会長を務める博士をご存じですか?

その名は「マンペラ・ランペレ博士」といいます。
南アフリカ出身の著名な社会活動家。医師。
2018年、ローマクラブ創設50周年に、共同会長に就任されました。

新型コロナウィルスの感染拡大をはじめ気候危機など、
世界の現状についてインタビューされた内容に
とても感銘を受けた言葉がありました。

あなたがいて、私がいる

それは、アフリカの哲学で、
「ウブントゥ」(あなたがいて、私がいる)
という人間観です。

他の人が不幸なのに、自分だけが幸せということはありえない。
今回のコロナ禍でも、周囲の人が健康でなければ、
自分たちも健康でいられないことに
気付かされました。

マンペラ・ランペレ博士

人生で大切なのは、車を何台持っているとか、
何回、飛行機で旅行したかではなく、
皆が、かけがえのない生命を持っているということです。
人間関係を大切にし、母なる地球を大切にすることです。
こうした意識を持つことが最も必要だと思います。

マンペラ・ランペレ博士

ビジネスと何の関係?

はっきりいって関係ありません。
ただ、広告宣伝の仕事をする僕にとって、
マーケティングは人間心理に基づいた手法なので、
こういった哲学には反応してしまいます。

そして博士は、続けて言います。

地球的な危機を乗り越えるためには

半世紀にわたり環境破壊に警鐘を鳴らし続けた博士。
しかし、人間社会の破壊的な消費活動を変革できずにいました。

そんな時、博士は一つの確信に目覚めます。
人類が今置かれている地球的な危機を乗り換えるには、
「人間革命」しかないと。

アパルトヘイト

博士は、「アパルトヘイト」と戦ってきた後半に、
〝真の変革は私たち一人一人の内面から始まるものだ”
と気づかれました。

400年間もの間、黒い肌の人間は「劣っている」と、刷り込まれてきました。
そうした歴史に「黒人意識運動」で、何より自分たちの心を覆う「劣等感からの解放」に気づいたのです
抑圧者に対する恐怖から自由になり、自分たちも尊厳を持った人間であると目覚めることでした。

人間革命の旅路

自分とは何者なのか?
何世紀にも、何代にもわたって「劣等な人種だ」と言われ続けてきた人たちが、自分自身をどう見るのか?

どのように「人間としての尊厳」を取り戻すのか?

自分にひどい扱いをしてきた人間をどう許すのか?

ひどい扱いを黙って受け入れてしまった自分をどう許すのか?

そうした精神闘争の結果、
「自分は劣らず素晴らしい人間なのだ」と自覚した時、
「我らは黒人だ!それを誇りにする!」と

「黒人意識運動」はまさに「人間革命運動だった。

マーケティング

この博士のインビューを読んだとき、
「これに世界の人が気づけば戦争なくなるんとちゃう?」
なんて思いました。

ちなみにですが、ビジネスに必須のマーケティング。
偶然ですが共通点があるので一言。

「私がいて、あなたがいる」では売れません。
ウブントゥと一緒で「あなたがいて、私がいる」
なんだな。

Follow me!

あなたのビジネスサポート

チラシ、ダイレクトメール、店内POP、チケット、看板、ホームページ、WEB広告などなど、広告宣伝のことでしたら、
レスポンス広告デザイン事務所
A-Writing(エーライティング)にお任せください。
費用対効果ある広告をご提案するので、売上と利益があがります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です